繰上げ11/11 障害年金が受給できなくなる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
繰上げ受給すると受給できなくなる障害年金

老齢年金を繰上げ受給すると障害年金が受給できなくなるといわれますが、それは本当なのでしょうか?

障害年金を受給するには、その障害の基になった病気やケガで初めて医師の診療を受けた「初診日」において、障害厚生年金であれば厚生年金の加入者であること、障害基礎年金であれば国民年金の加入者であることが必要です。これを「初診日要件」などといいます。

国民年金は、自営業などの1号加入者や専業主婦などの3号加入者は、60歳になると加入者でなくなります。厚生年金に加入する会社員などの2号加入者も、60歳で退職して厚生年金加入者でなくなれば、それ以後は国民年金加入者ではありません。こうなると、60歳以後に初診日があっても障害基礎年金は受給できないことになります。

仮に65歳以後に初診日があった場合、65歳以後はすべての人が最低でも老齢基礎年金によって生活保障されているため、障害年金が受給できなくても致し方ないかもしれません。ただ、60歳から65歳になるまでの間に初診日がある場合には、障害年金による保障があってしかるべきだと思います。そこで、60歳から65歳になるまでの間に初診日がある場合には、その時点において国民年金加入者でなくても障害基礎年金が支給されることになっています。

繰上げ受給すると受給できなくなる障害年金

繰上げ受給すると受給できなくなる障害年金

老齢年金を繰上げ受給すると、この初診日要件による障害基礎年金は支給されません。65歳前に繰上げ受給をした人は、年金額が減額されてはいるとはいえ、老齢年金によって生活保障されている点に関しては65歳以後の人と同じだとして、この初診日要件による障害基礎年金は支給されないのです。

ちなみに、60歳以後も厚生年金加入者として会社に勤めている人は国民年金の2号加入者です。このとき初診日があれば、繰上げ受給をしているかどうかにかかわらず。初診日において国民年金加入者ですから障害基礎年金を受給できます。繰上げ受給をしたからといって、障害年金が一切受給できないわけではありません。

なお、障害年金には、障害の程度が徐々に重くなって65歳前に等級に該当したとき、65歳前に請求することによって受給できる、「事後重症」による障害年金というものがあります。老齢年金を65歳前に繰上げ受給した人は、上と同じ理由で65歳以後の人と同じだとして、事後重症による障害年金は支給されません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加