加給2/10 加給年金額は定額

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
加給の額・特別加算額

老齢厚生年金の加給年金額は定額です。なお、1級または2級の障害厚生年金には配偶者加給年金額が、また障害基礎年金には子どもを対象とした加算額が、さらに遺族基礎年金には子どもを対象とした加算額が加算されますが、いずれも金額は同額です。

加給や加算額の金額は、配偶者および第一子、第二子については一人当たり224,700円、第三子以降は一人当たり74,900円です(金額はすべて令和3年度の年額)。たとえば、加給対象である高校生以下の子ともが3人いる場合の加給の額は、合計で「224,700円×2人+74,900円=524,300円」です。いちばん上の子が高校を卒業すると加給対象の子が2人になるので、「224,700円×2人=449,400円」となります。

加給の額・特別加算額

加給の額・特別加算額

老齢厚生年金の配偶者加給年金額には、特別加算額が加算されます。老齢厚生年金を受給できる人の生年月日に応じて、33,200円~165,800円がさらに加算されるのです。たとえば、令和4年4月1日に65歳になる昭和32年4月2日生まれの人の老齢厚生年金の配偶者加給は、224,700円に165,800円が特別加算されて390,500円です。なお、障害厚生年金の配偶者加給には特別加算はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加