在職停止3/12 65歳以後の在職停止額の計算式

65歳以後の在職停止額の計算式

本来支給の老齢厚生年金を受給できる人が、厚生年金加入者として在職している場合、基本月額と総報酬月額相当額との合計額が47万円を超えると、超える額の1/2の額が支給停止されます。これを「高在老」などといいます。高在老の計算 […]

続きを読む

在職停止4/12 在職停止額の計算例

在職停止額の計算例

たとえば、65歳前の特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)が月額12万円、65歳からの本来支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)が月額12.3万円という人がいるとします。なお、65歳からの本来支給の老齢厚生年金は、報酬比例部 […]

続きを読む

在職停止5/12 特老厚も高在老方式に一本化

65歳前も65歳以後と同じ計算方式に

令和4年4月1日、在職年金について制度改正が行われます。老齢厚生年金を受給できる人が厚生年金加入者として在職しているときの支給停止は、65歳前の特別支給の老齢厚生年金については28万円を基準とする「低在老」、65歳からの […]

続きを読む

在職停止6/12 特老厚が高在老方式となる男性

計算方式の変更の影響を受ける男性

特別支給の老齢厚生年金の在職停止が、28万円を基準とする「低在老」から47万円を基準とする「高在老」に変わるのは、令和4年4月支給分からです。 昭和32年4月1日生まれの人は令和4年3月31日に65歳になり、翌月の4月分 […]

続きを読む

在職年金7/12 特老厚が高在老方式となる女性

計算方式の変更の影響を受ける女性

特別支給の老齢厚生年金の在職停止が、28万円を基準とする「低在老」から47万円を基準とする「高在老」に変わるのは、令和4年4月支給分からです。 昭和32年4月1日生まれの人は令和4年3月31日に65歳になり、翌月の4月分 […]

続きを読む

在職年金8/12 高収入の役員などの在職停止

報酬が高い役員などの在職停止

厚生年金は会社員や公務員などの労働者を対象とする公的年金です。社長をはじめとする役員は労働者とはいえませんが、法人に使用される者という理屈をつけて厚生年金加入者とされます。これは健康保険においても同じです。 役員には定年 […]

続きを読む

在職年金9/12 加入者とされる役員とは?

加入者とされる役員

老齢厚生年金が在職停止されるのは、厚生年金加入者として在職しているからです。70歳以後は加入者とされませんが、加入者とされる人と同じ条件で勤めている70歳以上被用者は、老齢厚生年金が在職停止されます。 会社に勤める労働者 […]

続きを読む

在職年金10/12 障害者・長期加入者の特例

障害者や長期加入者の年金額の特例

昭和28年4月2日から昭和36年4月1日までの間に生まれた男性、および昭和33年4月2日から昭和41年4月1日までの間に生まれた女性は、65歳前に特別支給の老齢厚生年金を受給できます。年金額は報酬比例部分のみですが、障害 […]

続きを読む

在職年金11/12 特例の人が加入者になると?

障害者・長期加入者特例と在職停止

報酬比例部分のみの特別支給の老齢厚生年金を受給できる人が、たとえば障害者特例によって定額部分と加給年金額を受給しているとします。この人が就職をして厚生年金の加入者になると、報酬(給与)額などにかかわらず、特例で支給されて […]

続きを読む

在職年金12/12 改正によって加入者になった場合

改正によって加入者になった場合の経過措置

報酬比例部分のみの特別支給の老齢厚生年金を受給できる人が、障害者特例に該当して定額部分と加給年金額を受給しているとします。 この人は労働時間や労働日数が正社員と比べて3/4未満の短時間労働者として働いています。週の労働時 […]

続きを読む