繰下げ1/17 繰下げ受給による年金額の増額

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
繰下げ受給による年金額の増額

65歳から支給される老齢厚生年金や老齢基礎年金は、66歳から70歳になるまでの間の希望する時点から「繰下げ受給」することができます。ちなみに、繰上げ受給は64歳11カ月の月に請求する1カ月だけの繰り上げができますが、繰下げ受給できるのは66歳以後のため、最低でも1年間は繰り下げなければなりません。

繰下げ受給による年金額の増額

繰下げ受給による年金額の増額

老齢年金を繰下げ受給すると、年金額が「0.7%×繰下げ月数」の割合で増額されます。「繰下げ月数」は、65歳になった月から繰下げ申出をした月の前月までの月数です。たとえば、70歳になった月に繰下げ申出をした場合の繰下げ月数は、65歳になった月から70歳になる月の前月までの月数ですから60月です。この場合の増額率は「0.7%×60月=42%」です。

繰り下げをせず65歳から通常受給する年金額を100%とすると、5年遅く70歳から繰下げ受給した場合の年金額は、42%増額されて142%になるというわけです。増額は一生涯続きます。

なお、繰り下げできるのは70歳までの5年ですが、令和4年4月1日以後に70歳になる昭和27年4月2日以後生まれの人は、75歳までの10年の繰り下げが可能となります。これに関しては別ページをごらんください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加