繰下げ3/17 累計額の逆転は常に11年11カ月後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
累計額の逆転は繰下げ開始から11年11カ月

老齢厚生年金や老齢基礎年金を66歳以後から繰下げ受給した場合の累計額が、65歳から通常受給した場合の累計額を逆転する時期は、何歳何カ月から繰下げ受給をしても、必ず繰下げ受給開始から11年11カ月後です。

累計額の逆転は繰下げ開始から11年11カ月

累計額の逆転は繰下げ開始から11年11カ月

たとえば、68歳から繰下げ受給をした場合の年金額は、老齢厚生年金も老齢基礎年金も「0.7%×36月=25.2%」増額されて125.2%になります。二つ合わせて「250.4」です。68歳時点の累計額は、65歳からの通常受給が「200×3年=600」であるのに対し、繰下げ受給は「0」です。

ただし、68歳以後は繰下げ受給の累計額が通常受給の累計額に毎年「50.4」ずつ追いついていきます。こうなると「600÷50.4=11.9年後(11年11カ月後)」に繰下げ受給の累計額が通常受給の累計額を逆転します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加