加給1/10 老齢厚生年金に加算される加給年金額

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
加給と振替加算

たとえば、老齢厚生年金を受給できる夫に、生計を維持する65歳未満の妻または原則として高校生以下の子どもがいると、老齢厚生年金に加入年金額が加算されます。いわば、配偶者や子どもを対象とする扶養手当に当たる加算額です。

生計維持の条件は、この場合でいうと夫(子どもからいえば父)と妻や子どもが生計を同じくしていて、妻や子どもの年収が850万円未満であることです。必ずしも夫のほうが妻より収入が多くなければならないということはありません。たとえば、年収400万円の夫の年金に、年収800万円の妻を対象とする加給が加算されるケースもあります。また、男女は関係ないため、妻の年金に夫を対象とする加給が加算されるケースもないわけではありません。

加給と振替加算

加給と振替加算

ただし、加給が加算されるためには、老齢厚生年金の年金額が20年以上の加入期間に基づいていること、つまりその老齢厚生年金を受給できる人が20年以上厚生年金に加入していることが必要です。老齢厚生年金は加入期間が20年未満であっても受給できますが、その場合、加給は加算されません。

なお、年金額が報酬比例部分のみの特別支給の老齢厚生年金には、加給は加算されません。この場合の加給は、65歳から支給されるいわゆる本来支給の老齢厚生年金に加算されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加