年金相談の良くあるご質問。まずはココで疑問を解決

よくあるご質問

ご質問にお答えします

Q - 01:何が相談できるのか?

国民年金や厚生年金などの公的年金、および企業年金や個人年金などについて、お客様が疑問に思っておられること、お聞きになりたいことにお応えします。

Q - 02:相談してくれる人は?

公的年金や企業年金については社会保険労務士が、また個人年金などについてはファイナンシャルプランナーが対応いたします。

Q - 03:お金がかかるのか?

初回30分程度までのご相談は無料ですので、まずは一度お気軽にご相談ください。
その後、お客様のご希望によって、たとえば加入記録を調べた上でさらに詳しいご相談にお応えしたり、あるいは請求手続きをお引き受けした場合には有料となります。

Q - 04:有料とはいくらぐらいか?

加入記録を調べた上で詳しいご相談にお応えした場合は、1万5,000円が目安となります。
また、老齢年金の請求手続きまでお引き受けした場合は、3万円程度が目安となります。

Q - 05:その場で加入記録がわかるのか?

加入記録はすぐにはわかりませんが、お客様のご希望によって加入記録を調べ、それに基づいて、より詳しいご相談にお応えします。

Q - 06:加入記録を調べる方法は?

2つの方法があります。
社会保険庁のホームページから調べる方法は、多少時間がかかりますが費用が安くすみます。社会保険事務所の窓口で調べる方法は、時間はかかりません費用が多少かかります。
これらについても、初回の無料相談の際に詳しくご説明します。

Q - 07:相談の際に必要な物は?

お客様のご相談内容に関係すると思われる物をお持ちいただけば結構ですが、最低限、ご本人と配偶者お二人の基礎年金番号がわかる年金手帳など、および認印をお持ちください。
受給者の方は、年金証書や年金額の通知書などをお持ちいただくと、ご相談がよりスムーズに進みます。